MOVEMENT

9S
Mechanical

“世界最高峰の腕時計をつくる”という志のもと誕生したグランドセイコーは、より高精度な機械式時計を追求し続けています。

9Sメカニカルは、ご愛用いただくなかで高精度を実感いただけるよう、最新技術と匠の技を融合したマニュファクチュールならではの時計づくりを行っています。

200~300点ものパーツで構成される機械式時計は、その精細さがムーブメント精度を大きく左右します。そこでパーツの加工精度を最大限に高めるために、脱進機の製造に先端技術であるMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)を採用しています。

しかしながらどんなパーツもそのまま組み上げるだけでは、グランドセイコーにふさわしい精度は実現できません。
機械式時計の仕組みを知り尽くすとともに優れた技能を持つ職人の手作業で、パーツ同士の最適な組み合わせを探りながら1/100mm単位で調整し、丁寧に組み上げていくことで、初めて9Sメカニカルならではの精緻な時を刻み始めるのです。

MECHANISM

機械式時計は、ぜんまいを動力源とし、針の動きで時刻を知らせるスタイルの時計が誕生して以降、変わることなく受け継がれる駆動方式です。

巻き上げられたぜんまいが解けようとする力を利用して、歯車を一定のスピードで回転させるこの駆動システムは、「てんぷ」「アンクル」「がんぎ車」で構成される調速・脱進機構によって、精度を調整しています。

「がんぎ車」の回転を一定のリズムに制御する「アンクル」は、「てんぷ」の規則正しい振動を基に作動しています。

「てんぷ」が振り子のような規則正しい往復運動を繰り返すことで、ぜんまいの解ける速度が一定(=調速)かつ、長時間かけて解けるようコントロールされているのです。その一定の動きが、時針、分針、秒針に伝わり、時を表示します。

CRAFTSMANSHIP

精度を司る
「ひげぜんまい」の調整

「ひげぜんまい」は機械式時計の精度を司る最も重要な心臓部です。

渦巻き状の美しい曲線形をした「ひげぜんまい」は、まるで生き物であるかのように、一つひとつ違った個性を持っています。熟練の職人は、それぞれの個性に合わせて渦巻きの隙間にピンセットを入れ、指先の感覚を頼りにわずか1/100mmの微細な調整を繰り返していきます。

「ひげぜんまい」の形が波紋のように美しく広がるとき、職人の顔に小さな微笑みがこぼれます。それは工業製品というよりもむしろアートと呼ぶにふさわしい9Sメカニカルの心臓部が誕生する瞬間です。

CRAFTSMANSHIP

精度を支える柱「てん輪」

てんぷの輪の部分である「てん輪」は、アンクルの反復運動を調節・制御し、振動を一定速度に保つ役割を果たしています。回転を安定させるために0.000001g単位で重量調整が行われるほど、時計の精度を左右する重要なパーツのひとつなのです。

非常に繊細なパーツであるため、わずかな温度変化が収縮や膨張の原因となって、変形してしまうこともあります。

そこで9Sメカニカルでは、通常2〜3本である支柱を4本に増設することで、支えをしっかりとし、温度差がてん輪の形状、ひいては精度に与える影響を少なくしています。

部品をつくる手間が格段に増すことは承知のうえで、変形を防ぐための工夫を凝らしています。

CRAFTSMANSHIP

「歯磨きの名人」

動力が歯車から歯車へと伝わる際、伝達ロスが多く発生しては、持続時間を長く保つことはできません。

動力源であるぜんまいの限られた力を効率よく伝達するために、歯車の間の溝を職人が一つひとつ、丁寧に磨き上げています。

この歯磨きの作業は、歯車を精巧な造形に仕上げることで、同時に摩擦を最小限に抑えて、部品寿命を延ばすことにも繋がっています。

TECHNOLOGY
高精度なパーツづくりを支える先端技術「MEMS」
高精度なパーツをつくるために、9Sメカニカルでは脱進機となるパーツの製造に先端技術「MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)」を採用しています。MEMSは半導体などの超精密部品に用いられる最先端の加工技術で、0.001mm単位の精度で軽量なパーツをつくることができます。
  • がんぎ車の歯先には保油構造が設けられています

    1.「がんぎ車」

    MEMSで成型した「がんぎ車」は、以前よりも5%軽量になりました。

    また潤滑油を保持しやすいよう、形状を見直すことで、ハイビートであっても従来と同等の耐久性を実現しました。

  • 2.「アンクル」

    MEMSで成型した「アンクル」は、25%もの軽量化に加えて、使用する素材を見直すことで進化しました。
  • 3.「ひげぜんまい」

    精度を司る「ひげぜんまい」もまた、素材そのものから見直すことで、耐衝撃性が2倍、耐磁性は3倍に向上しました。

    非常に硬い素材へと進化したことで、衝撃を受けても歪みにくく、安定した精度を保てるようになりました。

  • 4.「動力ぜんまい」

    10振動のキャリバー9S85用に開発された「動力ぜんまい」は、最大巻上時約55時間という優れた持続時間を実現しました。

QUALITY
高い精度基準による品質管理体制

Chronometerを超える
高い精度基準

1960年に誕生した初代グランドセイコーには、スイス・クロノメーター規格に合格した証である「Chronometer(クロノメーター)」がダイヤルに刻まれていました。

しかし現在のグランドセイコーに「Chronometer」の文字を見つけることはできません。

その理由は「新GS規格」にあります。1998年に制定されたこの規格は、スイス・クロノメーター規格よりも高い精度基準なのです。

その「新GS規格」をさらに越える、「グランドセイコースペシャル(GSS)規格」が、9Sメカニカルには存在します。

熟練の時計師が、通常の機械式時計の何倍もの時間をかけてようやく到達できる精度基準であるため、1年間にごくわずかしか生産することができません。平均日差+4秒~-2秒の特別な心臓部であることは、ダイヤルに記された「SPECIAL」の文字が示しています。

17日間におよぶ検定試験

9Sメカニカルは、17日間におよぶ厳格な規格に基づく独自の検定試験を受けなくてはなりません。6方向の姿勢差、3段階の温度で設定したさまざまな条件下において、時間の進みや遅れ(日差)が基準値内に収まらない限り、グランドセイコーの冠をつけることはできません。

History

1960年、グランドセイコーは機械式時計からスタートしました。
半世紀以上もの時を経た今もなお、その高い志と匠の技術は伝承され続けています。

もっと見る

ムーブメント比較
ムーブメント 静的精度*1 携帯精度 持続時間(最大巻上時) 石数 24時針(GMT)*2
メカニカルハイビート36000 GMT
9S86(自動巻、手巻つき)
平均日差+5~-3秒 日差+8~-1秒 約55時間 37
メカニカルハイビート36000
9S85(自動巻、手巻つき)
平均日差+5~-3秒 日差+8~-1秒 約55時間 37  
メカニカル自動巻3DAYS
9S68(自動巻、手巻つき)
平均日差+5~-3秒 日差+10~-1秒 約72時間(3日巻) 35  
メカニカル自動巻3DAYS GMT
9S66(自動巻、手巻つき)
平均日差+5~-3秒 日差+10~-1秒 約72時間(3日巻) 35
メカニカル自動巻3DAYS
9S65(自動巻、手巻つき)
平均日差+5~-3秒 日差+10~-1秒 約72時間(3日巻) 35  
手巻メカニカル
9S64(手巻)
平均日差+5~-3秒 日差+10~-1秒 約72時間(3日巻) 24  
メカニカル自動巻3針
9S61(自動巻、手巻つき)
平均日差+5~-3秒 日差+10~-1秒 約72時間(3日巻) 33  
*1 グランドセイコー独自の規格に基づき、工場出荷前にムーブメント単体の状態で、6姿勢差・3温度差の条件下で測定した場合の精度です。また、メカニカルモデルの特性上、ご使用になる条件(携帯時間、温度、腕の動き、強いショックや振動)によっては、前記の精度の範囲を超える場合があります。
*2 GMT(Greenwich mean time)機能とは、時針と24時針がそれぞれ別の時刻を示すことで、時差のあるふたつのタイムゾーンの時刻を表示できる機能です。