9Rスプリングドライブ8days

Caliber 9R01

1週間以上のパワーリザーブを実現した
スプリングドライブムーブメント

機械式時計、クオーツ式時計の双方の技術・技能を融合した独自の機構「スプリングドライブ」は、GMT機能やストップウオッチ機能を付加したムーブメントを次々と世に送り出し、新しいグランドセイコーを提示してきました。

高精度で信頼と実用性に優れたスプリングドライブが、その特性を活かして新たなチャレンジを試みたのが“8日巻”です。

※実際の製品では、製造上の理由により、
裏ぶたの向きが異なる場合があります。

動力源である“ぜんまい”が収められた「香箱」の一新

機械式時計やスプリングドライブは、香箱に納められたぜんまいが動力源となります。最大約8日間(約192時間)の連続駆動を可能にするためには、動力源の確保が不可欠でした。

一般的な時計に搭載される香箱は一つのみですが、キャリバー9R01では3つの香箱を直列に配置することにより、3倍の動力源を確保しました。

また、ムーブメント内の限られたスペースを有効活用し、オーバーサイズにならない43㎜のケース径を実現しました。さらに部品と部品の摩擦によって生じるぜんまいのエネルギー伝達のロスを抑えるための工夫が、随所に採り入れられています。

一体型の厚みのある受け

通常は複数の部品で構成されている「受け」は、「キャリバー9R01」の場合は一枚で一体となっており、世界でも稀な構造を採用しています。

また、通常のスプリングドライブムーブメント(キャリバー9R65)で採用している受けの約3倍の厚さとなっています。これらのことによって、受け自体の加工精度(寸法精度)が格段に高まるため、より確実で正確に部品を押さえることができるだけでなく、落下などで衝撃が加わった際に受けが歪んだり、歯車の軸が本来あるべき位置からずれることを抑制しています。受けの輪郭や穴の周辺は、どの角度からも美しく輝くよう、卓越した時計師の手作業による鏡面仕上げを施しています。

さらに、受けの平面全体に手作業で筋目仕上げを施すことで、磨き上げた鏡面部やルビーとテンパーブルーのねじが映え、研ぎ澄まされた美しさを放っています。また、通常のスプリングドライブではダイヤル上にあるパワーリザーブ表示を、裏面に配置しています。

完成された高次元の美しさを宿すデザイン

グランドセイコーならではのシャープな造形をプラチナと18Kゴールドで実現

SBGD201のケースには独自の組成で作り上げたプラチナ950を、SBGD202のケースには18Kピンクゴールドを採用しています。

数トンの圧力をかける冷間鍛造で密度を高めながら形作ったうえに、新たなアイデアと匠の技を加えた特別なザラツ研磨を施しています。
これにより、貴金属ケースとして新次元の平滑面とシャープな稜線を両立するグランドセイコーならではの造形を実現しています。

独自の手法で幻想的なきらめきを実現する美しいダイヤル

無数の粒子状のきらめきがダイヤルの奥から放たれる独創的な仕上げで、SBGD201は「ダイヤモンドダスト」を、SBGD202は「スターダスト」を表現しています。

独自の手法で異なる加工を多層的に組み合わせ、高い視認性を維持しながら、従来にはない奥ゆきのある美しい輝きを実現しています。

複雑時計などの最高峰マスターピースを手がけてきた「マイクロアーティスト工房」初のグランドセイコー

キャリバー9R01は、高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」が手がける、初めてのグランドセイコーです。

マイクロアーティスト工房では、スプリングドライブをベースとした独自の複雑時計「ソヌリ」「ミニッツリピーター」などのマスターピースを手がけており、卓越した技術者のみで構成されたプロフェッショナルチームです。

彼らの手にかかることで、スプリングドライブは、潜在的な可能性が最大限に引き出され、グランドセイコーとしてのより高い実用性が備わり、技術的にもデザイン的にも、今まで到達し得なかった次元へとたどり着くことができました。

マイクロアーティスト工房について

Grand Seiko Spring Drive 8Days

SBGD201

6,200,000円 + 税

SPEC

SBGD202

4,400,000円 + 税

SPEC

お取扱店舗

このモデルは、セイコープレミアムブティックとセイコープレミアムウオッチサロンのみでご購入いただけます。